ボーエ・モーエンセンの家具(椅子・テーブル)

ボーエ・モーエンセンがデザインした椅子・テーブルを紹介します。

商品名をクリックすると、取扱店の商品詳細ページに移動します。
商品の仕様や価格は、リンク先にてご確認ください。

J39 シェーカーチェア

FREDERICIA

ボーエ・モーエンセンの代表作。

元々はFDB(生協)の依頼によりつくられた、庶民のための椅子だった。アメリカのシェーカー様式のリ・デザインの傑作として知られる、シンプルなフォルムとペーパーコードの座面が美しい椅子。座り心地も快適な逸品。ボーエ・モーエンセン自身が設計した自邸のダイニングでも使われている。

The Spanish Chair(スパニッシュチェア)

FREDERICIA

ボーエ・モーエンセンがスペインを旅した際に思いついた椅子。スペインの貴族に使われていた一枚革の木製椅子をモデルとし、そこから余分な装飾を取り除いた。幅広のアームはサイドテーブルの機能も兼ねる。同年に完成した自邸のためのデザイン。

The Hunting Chair(ハンティングチェア)

FREDERICIA

「狩猟用ロッジ」というテーマでコペンハーゲンで開催された、家具職人ギルド展で発表された椅子。

C18 シェーカーテーブル

FREDERICIA

椅子「J39」に合わせてつくられた、シェーカースタイルのシンプルで美しいテーブル。

脚が奥についているため、好きなところに椅子を置くことができる。

C18 テーブル

KOZ LIFE

ロフトネットストア

Page Top デザイナー&プロダクツ辞典 Top