フランク・ロイド・ライトの照明

フランク・ロイド・ライトがデザインした照明を紹介します。

商品名をクリックすると、取扱店の商品詳細ページに移動します。
商品の仕様や価格は、リンク先にてご確認ください。

スーマック

デーナ・トーマス邸(1902年 イリノイ州)のためにデザインされた、真鍮の本体と、濃淡が美しいステンドガラスを組み合わせた贅沢な照明。

当時のステンドガラスのデザインは、ティファニーをはじめ曲線を採用したデザインが主流でしたが、ライトは直線で表現。その幾何学的抽象模様は、デーナ・トーマス邸の居住部や回廊に採用されているステンドガラス窓にも採用されている。磨き上げられた真鍮の本体は、年月と共に深い色合いへと変化する。

タリアセン 1

フランク・ロイド・ライトの自邸であり、建築の本拠地である「タリアセン」のためにデザインされたが、クライアントに気に入られ、多くの住宅で使用された。

チェリー材を用いた方形のデザインは、アメリカン・クラフトを取り入れた独特のデザイン。

1995年 グッドデザイン賞 受賞。

タリアセン 2

「タリアセン 2」は、1933年、ヒルサイド・ホーム・スクール(1902年)の体育館を劇場に改装した際に設計されたペンダントが原型。タリアセンでも使用されている。

幾つものチェリー材のブロックで構成され、それぞれのブロックに白熱電球が組み込まれている。遮光板を取り付けることで、間接光の心地よい明るさが得られるようになっている。

タリアセン 3

「タリアセン 2」のデザインを応用し、復刻プロジェクトの中で展開された小型テーブルスタンド。赤味のあるチェリー材のブロックそれぞれに白熱灯が仕込まれ、温かい空間を演出する。

グッドデザイン賞受賞。

タリアセン WEST

1937年、フランク・ロイド・ライト第2の本拠地としてアリゾナ州スコッツデールの砂漠に建てられた「タリアセン ウエスト」のためにデザインされた照明。

構造を垂直に支える支柱は、まるで砂漠に立つサワローサボテンを思わせる。また、同じリビングルームのためにデザインされたタリアセン・チェアー(別名 折り紙椅子)のように、ランプシェードは折り紙を連想させる直線を基調としたデザインが採用されている。

ストラー

テキスタイル・ブロックハウスの一つ、ジョン・ストラー邸のための照明。

「ストラー 1」は、垂直に立ち上がったスチールのフレームの上にはめ込まれたシンプルなガラスの立方体が、周囲のコンクリートの建物との調和的対比を創る。

ロビー

プレーリーハウスの代表作、ロビー邸のためにデザインされた照明。

ロビー 1

yamagiwa

ロビー 2

yamagiwa

hhstyle.com

Page Top デザイナー&プロダクツ辞典 Top