エーロ・アールニオの家具(椅子・テーブル)

エーロ・アールニオがデザインした家具(椅子・テーブル)を紹介します。

商品名をクリックすると、取扱店の商品詳細ページに移動します。
商品の仕様や価格は、リンク先にてご確認ください。

Puppy (パピー)

犬の形を模した抽象的なモチーフの座れるおもちゃ。子供部屋に夢あふれる空間を演出してくれたり、ユニークな形はインテリアのアクセントになる。

屋外での使用が可能。サイズは3種類。

パピー S

citron glaces

パピー M

citron glaces

パピー L

citron glaces

Trioli (トリオリ)

ふつうに腰掛けても、木馬のように乗ってもいい。取っ手がついて持ち運びもラクチン。

トリオリ

mellow.store

Pony Chair (ポニーチェア)

急な思いつきでできあがったという馬の形の椅子。成型ウレタンフォーム製の本体に脚と耳がパイプ製のフレームでつながり、全体を伸縮性のある布で張り包まれている。おもちゃではない。

雑誌『Casa brutus』の椅子特集で大きくとりあげられて有名になった椅子。

TIPI (ティピ)

小鳥の形をした子供用の椅子。ポニーチェアと同様に、おもちゃや遊具ではなく、椅子。

ティピ

BICASA

Ball Chair (ボールチェア)

独立したエーロ・アールニオが、フリーのデザイナーとしての最初のプロダクツ。元々は自宅に置くために製作された。

Bubble Chair (バブルチェア)

ボールチェアの内部に明るさを持たせるためにはどうすればよいかというところから発展した椅子。アクリル樹脂の成型によるフレームにクッションを取り付けた本体を、天井などからチェーンで吊り下げる。

バブルチェア

Relax Furniture

マッシュルームチェア

60年代の初期のデザインは籐の製品で、アメリカでマッシュルームと名付けられた。90年代にファイバーグラス製になってからも同じ名前で呼ばれている。

Pastil Chair (パスティルチェア)

アメリカのインターナショナル・デザイン・アワードを受賞し、エーロ・アールニオの作品の中で特に有名になった椅子。アイデアは、甘くて、小さな、お菓子。底面は少し丸みがあり、ロッキングや回転もできる。シートは低く、リラックスな気分へと導いてくれます。アウトドアでも使える。

Tomato Chair (トマトチェア)

パスティルチェアに大きな肘掛と背もたれがあればもっと安定する、という考えから生まれたトマトチェア。

Formula Chair (フォーミュラチェア)

エーロ・アールニオの好きな「フォーミュラーカー」からヒントを得た椅子。底部に少し丸みをつけ、ロッキングができるようなっている。

スクリューテーブル

自然、建物、物体などを一定の尺度から離れてみることを心がけてきたエーロ・アールニオ。大きなものは、小さくても成り立ちそうだし、またその逆もありえるという、豊かな想像力から生まれたテーブル。

Page Top デザイナー&プロダクツ辞典 Top