柳宗理の食器 1

柳宗理がデザインした食器を紹介します。

商品名をクリックすると、取扱店の商品詳細ページに移動します。
商品の仕様や価格は、リンク先にてご確認ください。

ボーンチャイナ食器

優れた透光性と強度、純白色が特徴のボーンチャイナの食器。その柔らかな質感と、柳宗理らしい有機的な曲線がよく似合う。

1948年にデザインし、百貨店に売り込みに行ったときには「絵がない食器は半製品」として受け取られ、販売させてもらえなかったというエピソードがある。

1990年に素材をボーンチャイナに変更して復刻された。

ポット

まんまる堂

 

クリーマー

まんまる堂

シュガーポット

まんまる堂

アメリカンカップ

まんまる堂

 
 

ティーカップ&ソーサー

まんまる堂

 

プレート

まんまる堂

 

ボール

まんまる堂

セラミック食器

マットな質感のセラミックと、角の取れた四角いフォルムがマッチした食器シリーズ。

白、黒の2色。

ウッドプレート

和洋どちらにも合い、コースター、茶托、急須台、菓子受けなどとして使えるウッドプレート。天然木を使用しているため、一点一点の木目や風合いが異なり、まるい形がとても愛らしい。

ロフトネットストア

Page Top デザイナー&プロダクツ辞典 Top